インプラント手術を受ける方の心構えについて、詳しく丁寧に解説するサイト『インプラント手術の心構え』

●●●術後経過●●●

【舌】

インプラントには、1回法と2回法があります。
手術が1回ですむシステムでは、術後にネジの頭のような物が口の中に突出しています。
人間は口の中の気になる所に舌をやるという習性がある為、無意識にインプラントの頭を、
舌で触ってしまう事があります。
しかし、これによりインプラントが骨にくっつく事を阻害してしまいます。
インプラントと舌の相性が悪いわけではありませんが、触り続ける事自体が悪いのです。
少し触ったくらいでは問題にならないのですが、この行為は大変クセにないやすい為、触り
続けるクセによってインプラントが骨にくっつかない事があります。

【くっつき】

インプラント手術の後、インプラントが骨にくっつく現象をオッセオインテグレートと言い、
くっつくまでの期間は条件によって違いますが大体1ヶ月半〜6ヶ月です。
このオッセオインテグレートがおこった後、インプラントの上に上部構造を被せることで、
ものを噛める様にしていきます。
この期間は主治医の指示に従い、じっと待つ事が必要です。

【上部構造】

オッセオインテグレートの期間が終われば、いよいよ上部構造です。
上部構造はその症例により様々ですが、この作業は患者側の負担はそれほどありません。
天然の歯に被せるよりも簡単な事が多いのですが、インプラントは天然の歯の根よりも細い
ので、完成の形態を天然の歯と同様と期待し過ぎるのはいけません。
根が細い為に食べ物が挟まる事などありますので、歯間ブラシなどでカバーしましょう。
咬む力に関しては、しっかり骨にくっつくインプラントは大変強い力を発揮するので、食事
の時にはその力強さを感じられるでしょう。

【予後】

インプラントは金属でできているので、天然の歯のように虫歯になる事はありません。
ですが、インプラントでも歯周病になる可能性があります。
インプラントが定着して上部構造が入った後でも、手入れができなければインプラントを
維持し続ける事はできません。
定期的に主治医に見てもらったり、教わった磨き方でのブラッシングが必要です。
調子がいいからといって手入れを怠っていると、せっかく費用をかけて手術をして手に入れた
インプラントを失う事になります。
インプラントがどの位持つかはあなた次第といえるでしょう。